読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャズピアノ ソロコンセプト

本書ジャズ・ピアノ ソロ・コンセプトは、ジャズにおけるピアノ演奏のさまざまなスタイルに着目して書かれた楽
曲を、効果的に組み合わせた教則本です。曲の多くは、主要なジャズ・ピアニストたちのスタイルを意識して書か
れているので、数あるジャズのスタイルに合わせて磨き上げられた彼らのさまざまなテクニックを、より詳しく研
究することができます。各々の楽曲には、演奏のアドヴァイスや発展練習とともに、理論的な背景や曲の構成につ
いての解説が添えられています。そして、あなたは、曲を覚えることによってこの音楽の本質を理解し、音楽と創
造的に関わっていくことができるようになります。

すべての楽曲と多くの譜例の模範演奏は、付属のCDに収録されています。いくつかの曲については、CDに合わせ
て練習できるように、テンポを下げた演奏も別に収録してあります。それぞれのジャズ・ピアニストの簡単なバイ
グラフィー(略歴)については、該当する楽曲の演奏法や、アレンジの手本となり、そのスタイルの創始者とされて
いるジャズ・ピアニストを紹介しています。これ以外にも、主要なジャズ・ピアニストや推薦アルバム、重要なジャ
ズ・スタンダードとその演奏に必要と思われるテクニックを、APPEN DIX(付録)で紹介しています。

本書は、ピアノ演奏に関する基本的な予備知識(読譜や簡単な演奏テクニックなど)をすでに身につけたピアニスト
の方を対象にしています。ジャズに関する予備知識は必要ありません。楽曲は、前に練習した曲が次の曲の手引き
になるように、次第に難度を増すように掲載してあります。これらの楽曲を練習する時には、曲を耳で覚えるよう
にすると、音符やリズムばかりでなく、ダイナミクスやフレージングについても知らず知らずに訓練されるので、
最良の結果を得ることができます。ジャズ・ピアノをさらに深く研究するために、同じくAMA出版社から出版され
ているJazz Piano - Voicing Concepts(ドイツ語版・日本語訳付)の併用をお勧めします。本書中にも、この本を
参照するように注釈を入れてあります。

この場をお借りして、本書の出版にご協ノJいただいた方々に謝辞を中し上げます。私の妻Cl如ci后、ふたりの子供た
ちDarioとShana、楽譜を確認していただいたLothar Moehrke、 Dr. Matthis KepserとDr.夫妻、Bernhard
Bentgens、 Arno Pfunder. Wolfgang Wierzykの諸氏、私を信頼してくれたAMA出版社のDetlefKess/er、 Wolfgang Fieciler の両氏、楽曲を完成させるにあたって実験台になってくれた、フライブルクのジャズ&ロック・スクールのピアノ科
rの両氏、楽曲を完成させるにあたって実験台になってくれた、フライブルクのジャズ&ロック・スクールのピアノ科
に学ぶ私の生徒たち、そして、曲の演奏にあたって音楽面での重要な助言をいただいたIngo Mertensに感謝します。

それでは、ジャズ・ピアノーソロ・コンセプトで楽しく勉強してください!